スリープマネジメントで社会を健康にする

日本スリープマネジメント協会構想の経緯

  • HOME »
  • 日本スリープマネジメント協会構想の経緯

企業単独ではできない、睡眠改善の大きな波を作りたい

現在日本における睡眠改善ビジネスの主体は

① 快眠マットやカスタマイズ枕などの寝具メーカー

② 睡眠計や睡眠改善機器を製造・販売している、医療・健康機器メーカー

③ 睡眠薬、睡眠改善サプリ、健康食品等を製造・販売する医薬品・食品・飲料メーカー

④ 睡眠を含めた健康管理アプリを開発・提供する通信キャリアやASP(アプリケーションサービスプロバイダー)

が中心です。

しかし、睡眠阻害要因は千差万別。個人の睡眠改善のためには、一人ひとりの生活習慣や睡眠環境を考慮した上で、①~④その他を複合的に組み合わせたソリューションが必要なのです。

日本スリープマネジメント協会構想

当協会の発足により、各企業・業界が我田引水的に活動する中での歪みを補正し、異業種・同業各社が相互に連携することで、生活者一人ひとりにカスタマイズされた、効果的な睡眠改善ソリューションを提供するとともに、睡眠関連事業を営む企業や組織が、Win-Winのビジネス環境を構築することを目指します。

設立

一般社団法人
日本スリープマネジメント協会

〒107-0052
東京都港区赤坂四丁目13番5号
赤坂オフィスハイツ142号

TEL.03-3946-1582
info@sleepmanagement.jp

PAGETOP